人気ブログランキング |

食べて薬になる山野草はこれだ

sanyasou19.exblog.jp
ブログトップ

免疫を上げるには?

今、コロナウイルスが世界中で広がっていますが、体に良い食べ物は、身近にあるものなんです。もともと自然の中で生きている植物がおおくの免疫をもっております。公園や河原などにいくと、タンポポやクローバーなどがありませんか?それらを採ってきて、よく洗い、軽く湯通しをしてサラダにいれて食べたりするだけで、免疫があがるものなんです。タンポポやクローバーには整腸作用がありますので、胃が弱い人にはかなりよい食べ物になります。こういった植物は、まだまだ数が多いので、みなさんも図鑑をもって調べてみて下さい。
# by sanyasou-life | 2020-08-11 06:26 | マ~ワ | Comments(0)

タケニグサ

タケニグサは、荒れ地などでよく見かける大型の草になります。茎は中空で太く、2mにもなります。葉は、ハート形で浅く裂け、裏をみると白くなっております。夏になると茎の先端に白色の小花をつけます。葉や茎を切ると橙黄色の汁がでてきます。秋になると、小さな果実がたくさんぶらさがってつきます。
成分は、茎葉からでる汁は、アルカロイドのプロトピンのほか、ホモヘリドニン、ヘレリトリンなどを含んでいます。
薬用、必要に応じて生の茎葉をとり、茎葉を切って出てきた汁をすぐに使用します。皮膚病・たむしに効果がります。汁だけ保存しておいても、成分が分解してしまうので、保存はできません。

# by sanyasou-life | 2020-07-24 08:17 | サ~ト | Comments(0)

ダイモンジソウ

ダイモンジソウは、山地の渓流の岩場やがけによく見られます。昔から民間薬として、山地で利尿薬として使われておりましたが、けして身近にあるものではありません。葉は、根ぎわから束生し、長い柄をもち、あらい切れ込みがあって全体に毛が生えております。葉の裏は緑白色になっております。夏から秋にかけて、葉の間から高さ30cmぐらいの花茎をだし、先端で分岐し白色の花を咲かせます。
全草を開花中に採取し、水洗いして日干しし乾燥させます。
むくみのときの利尿に、乾燥した全草5gを1日量として、水400ccに半量に煎じ、1日3回空腹時に服用します。

# by sanyasou-life | 2020-07-16 17:57 | サ~ト | Comments(0)

オオケタデ

オオケタデは、江戸時代に中国から入ってきたものになります。繁殖力が強く全国の野原に生えております。大型で高さ2mくらいにもなります。葉も大きな卵形状で、秋になると茎の先がこまかい枝に分かれ、長い穂状の花穂を出し、紅色の小花を密生して垂れ下がっております。
葉や種子は日干しにします。生の葉は、必要に応じて採取します。

化膿性のはれものには、種子を粉末にして1日5gを2~3回に分けて水で服用します。乾燥した葉1枚を水400ccで煮立て、その汁で洗います。

# by sanyasou-life | 2020-07-09 07:49 | ア~コ | Comments(0)

ヤマカノコソウ

ヤマカノコソウは、うす暗い湿った林に群れております。草丈は、50cmくらいで、枝は、茎の上部から対生に数回でます。葉は、羽状に深く切れ込みがあり、柄があって対生します。春になると白い花をつけ、花がおわると茎をさらに伸ばし、まっすぐに立ちます。果実は、先端にがくが変形してできた白色の冠毛がつきます。花後、根元から地上を走る走出茎を出し、これによって繁殖します。

食用、全草が食べられるので根ぎわからもぎとります。熱湯でゆがいたら、酢味噌和えで食べると美味しいです。

# by sanyasou-life | 2020-06-22 07:51 | マ~ワ | Comments(0)